即日でお金を借りるなら消費者金融?銀行系カードローン?

緊急で今日お金が必要になった際に対応してくれるところは消費者金融しかありません。

 

消費者金融とは小口融資を無担保で行ってくれる個人向けの金融機関で、特に「即日でお金を貸してくれる」と高い評価を得ているのはプロミスです。プロミスは「WEB完結」というサービスを実施しており、ネットで簡単に申し込めば審査から契約するまでの時間が最短30分から40分で完了します。この申し込みは携帯でも利用可能なうえに24時間365日受け付けているので今すぐ申し込みが可能です。

 

また土日及び祝日も利用でき、深夜といった通常なら対応できない時間帯でも手続きができます。この時にお金を借りるための項目を入力すれば自動契約機や店頭申込みにおける手続きを省く事ができるので最短で契約完了から1時間以内にお金を振り込んでもらう事ができますが、未成年や無職の人間は「お金を返す宛てがない」と判断されるのでお金を借りる事ができません。つまるところ消費者金融側が「お金を貸しても返してもらえる人間」だと判断したら手続きに従い、必要な情報を記入すればお金を即日で借りる事ができます。

 

ただし今すぐ借りるなら大手消費者金融を頼るのが定石です。プロミスやアコムといった大手の銀行グループに所属している消費者金融はそれだけで信頼して取引が行えますが、街金やサラ金といった危険な業者が混ざっているところではトラブルを招く可能性があります。

 

 

誰にもバレずにお金をお金を借りたい方へ

旦那や親にお金を借りていることがバレると、家族の間でもケンカになります。そのためお金を借りたい人の中には、旦那に内緒にしたい専業主婦や親にばれないようにしたい若い世代もいます。

 

バレずにお金を借りたい人におすすめなのは、インターネットを使ったキャッシングです。全ての続きがインターネット上でできるキャッシングなら、旦那や親にバレない可能性は高いです。始めに行う申し込みはインターネットからできるので、窓口や自動契約機に向かうところを誰かに見られる心配はありません。カードを受け取らない設定にすれば自宅に郵送物は送られてこないので、同居する親にばれないでしょう。

 

また専業主婦の場合は旦那の職場への在籍確認が心配になりますが、電話連絡なしにできるキャッシングもあります。契約後の借入や返済についても、インターネットから手続きをすれば自分の口座に振り込んでもらったり、講座から返済することも可能です。

 

このようにインターネットを使ったキャッシングにすれば、誰にもバレずにお金を借りられる可能性は高いです。旦那に内緒でお金を借りたい専業主婦、同居する親にばれないようにしたいなら、ネットキャッシングを活用しましょう。

銀行系でお金を借りる手順について

銀行系の金融機関の仕事は預金の管理ばかりではありません。むしろ必要としている人にお金を貸すことこそ、銀行の本文ともいえるでしょう。こうした個人への融資においては銀行カードローンという形が提供されるのが一般的です。ゆうちょや農協でも同様のサービスが展開されています。郵便局の壁などを見ればローンを告知するポスターなどが必ず散見されることでしょう。

 

具体的な手順としては、窓口や公式サイトから申し込むことがスタートとなります。当然ながら誰もが必ずキャッシングを認められるわけではありません。信用機関の情報を基にした審査を受けることが必須となっており、通過してから手続きが進むことになります。ここで調査されるのは過去に利用したローンの履歴や、返済時に延滞や未払いがなかったか否かです。もしもこれらが見られた場合には銀行系でお金を借りることは大変難しくなってしまいます。

 

一方で銀行は消費者金融とは異なる区分となっているため、総量規制の対象となっていません。そのため他の金融機関で断られても銀行カードローンなら利用できるということも考えられます。まずはきちんと支払い時の負担をシミュレーションしてから、申し込むことが大切です。

 

消費者金融でお金を借りる手順について

大企業の場合は銀行などから融資を受けやすいですが、中小企業の場合は担保や経営計画などの提出を義務付けられるなど厳しい審査があります。そのため融資を受けることが難しいことが多いので、そんな時は消費者金融からお金を借りるという方法が簡単でおすすめです。

 

中堅の消費者金融であれば、大手よりも金利が低いこともありますし、審査が簡単なので融資を受けやすいという魅力があります。消費者金融はカードローンサービスを提供しているので、キャッシングを利用することが可能です。お金を借りたいときは申し込みをすることになりますが、わざわざ店舗に出向かなくても、インターネットを使ってホームページから依頼をしたり、無人契約機で手続きをすることもできます。

 

お金を借りることができるかどうかは、安定した収入があるということを証明することと年齢、そして過去に返済延滞などを起こしていないことが条件になります。安定した収入は、正社員だけでなく派遣社員やアルバイト、パートといった雇用形態でも認められることが一般的です。消費者金融によっては、初めて借り入れをする人のためにキャンペーンを行ったり、すぐに返済をすれば金利が低くなっているなどの特典もあるので活用しやすいです。

『お金を借りる』についてよくある質問

ヤミ金・サラ金は危険?
ヤミ金とサラ金とよくいいますが、その意味はと言うとヤミ金は出資法で決められているよりも高い金利を摂る貸金業者、サラ金はサラリーマンや主婦など個人を相手に高い金利で貸す貸金業者のことです。ヤミ金は明らかに違法ですから、借金をしたくても絶対に闇金以外を利用したほうが良いです。トイチなど考えられない金利によってまたたく間に利息が増えていき返済ができないくらいに借金が膨らんでしまいます。

 

サラ金はというと、こちらは基本的に違法な存在ではありません。ではサラ金以外で謝金をしたほうが良いという人もいるのは何故かと言うと、かつては利息制限法と出資法で異なる基準があったためにより高い制限である出資法の上限にあわせてグレーゾーン金利を採用していたからです。このため返済ができなくなった多重債務者や破産者が増えてしまいました。今は法改正により上限が下げられて、そこまで危険な金利ではありません。

土日や夜中にお金を借りる手順とは
ボーナス前や給料日前で手持ちのお金が少ない状況で、急にお金が必要になった時には金融機関をはじめとしたキャッシングローンサービスは非常に便利です。土日や夜中に必要になった場合でも、インターネットなどの申込から24時間で申込を受け付けているサービスもあり、夜でも必要な時に申込ができます。審査も短時間で行われて即日融資が受けられるサービスもいろいろあります。

 

審査に通れば土曜日や日曜日でも契約手続きが行える店舗などに出向いてその場でカードを受け取り、atmでそのままキャッシングを行う事も可能です。サービスによっては審査に通った段階でインターネットから融資の申込を行えば、即日で指定口座に振り込まれる事も可能です。キャッシングローンのatmは深夜でも利用が出来るものも多い為に、必要なタイミングで借入が出来るのです。

申込みできる年齢は?
ローンは誰でも申込みできるわけではなく、具体的に何歳からと決まっています。99%のローンは20歳以上に設定されており、一部のVIPローンなどは30歳などと高く設定されていることがあります。20歳未満の年齢だと借入できないのは、まだ成人に達していないためです。未成年は原則としてお金を借りることができないので、19歳の方は20歳の誕生日まで待ちましょう。

 

ほとんどのローンの申込条件は20歳以上で安定収入があることなので、20歳に達しても無職だと借りることはできません。逆に仕事をしていても19歳だと借入できないので、必ず年齢と年収の2条件を満たすことが求められます。学生ローンの一部には18歳や19歳で申込みできるものがありますが、保護者の同意が必要になります。

総量規制/総量規制対象外とは?
総量規制とは貸金業法で定められている規制で、各金融機関から受けた融資額が年収の3分の1を超えてはならないという制度です。

全ての金融関連情報は信用情報機関に記録されているため、新規の融資を申し込んだ際にデータベースへの照合が行なわれ、年収の3分の1を超えると判明すれば審査が否決されるという仕組みです。総量規制対象外となるのは携帯電話の割賦払いやクレジットカードの1回払いのショッピングなどがあります。

 

また、消費者金融も総量規制対象外となっており、貸金業法の対象となる金融機関で融資を断られても新規に融資を申し込める手段が残っています。なお、銀行系のカードローンも法律上は総量規制対象外でしたが、2017年以降に各銀行が自主規制を開始したため総量規制の対象となることに注意が必要です。

利息無しでお金を借りたい場合は?
借入から一定の期間で返済すれば、金利がかからないローンがあります。大手消費者金融や一部銀行で取り扱われています。一時的に手元にお金が無くて、無利息期間内にお金が入ってくる見込みがある場合、実質無料で立替えすることができるので便利で、人気があります。給料日前や仕送り前などで一時的にお金が必要な場合は、無利息期間を利用してカードローンを活用する若者も増えています。無利息期間の多くは30日です。

 

そして、1社につき原則的に一度しか利息なしでの借り入れをすることはできませ。しかし、大手の消費者金融数社に複数契約を行うと、何度かこの無利息期間が利用できるのです。ただ注意が必要なのは、短期間に何社もの金融機関に申し込みをしたりすると、申し込みブラックとなり審査に通過できなくなることもあるので本当に困ったときに借り入れできないといったことがおこらないようにしないといけません。

電話連絡なしで申し込む方法
金融機関が融資の審査をする中で在籍確認というものがあります。これは申し込んできた人が所属している会社や団体に本当に本人が在籍しているかを確認する作業です。勤務先に連絡をして確認するのが一般的な方法です。金融機関は目的だけでなく、会社の名前を出さずに勤務先に電話をするので在籍確認の電話だと職場に知られる事はありません。

 

しかし普段自分宛に会社に電話が来る事は絶対にないので、電話による確認を受けたくない人もいます。その場合は給与明細や社員証の提出によって在籍確認をしてくれる業者もあります。どうしても電話なしでの在籍確認を希望する場合は審査の段階で事情をしっかり説明して代替え案がないか相談する良いです。

無職でもお金を借りる方法
金融機関からお金を借りる際は、過去にブラックリストに載っていないか・返済能力はあるのかという信用調査を必ず受けなくてはいけません。そのため無収入のニートや失業中、無職の方は銀行だけでなく消費者金融からもお金を借りることは出来ません。しかし、貸金業として国からの認可を得ていないサラ金やヤミ金ならば信用調査をすることがなく無職の方にでもお金をかりることが出来ます。利用者は法律で守られなくなるので、10日1割の法外な金利を請求され昼夜関係なしに督促をされる恐れはありますが金利さえ返済していれば金額や期限に関係なく再びお金を貸してくれるという良さもあります。どうしてもお金が必要だという時は、ヤミ金やサラ金を利用すれば頼りになるといえます。
ブラックでもお金を借りれる方法
ブラックというのは、いわゆるブラックリストのことです。これまでにキャッシングの返済を延滞した履歴がある人や、自己破産などの債務整理で借金を踏み倒した履歴がある人は、個人信用機関という金融機関が共同で運営するデータベースに金融事故を起こしたことが記録され、その後は新規のキャッシングの審査には通らなくなってしまうのです。一度ブラックリストになってしまうとその後5年から10年程度の間は、銀行や消費者金融などが提供するキャッシングは利用できなくなります。一部には「ブラックでも借り入れ可能」「ブラックOK」などと宣伝をしているキャッシングがありますが、それらは法律を無視して営業を行うヤミ金融業者となっていますので、利用しないようにくれぐれも注意をしてください。
自己破産でもお金を借りれる方法
消費者金融からキャッシングを行なって返済に行き詰まり、自己破産をしてしまった場合基本的に金融機関から再びお金を借りることはできません。これは全ての金融機関で共有している信用情報に自己破産を行なったという旨が記載されるからです。しかし、貸金業として国から認可を得ている金融機関ではなく無認可のヤミ金・サラ金ならば自己破産をしたでもお金を借りることは可能です。ヤミ金・サラ金の場合は貸付上限額が決まっておらず、担保も不要な場合がほとんどですが自己破産をした方に限っては上限額をもうけて土地や建物を担保にして貸付を行ないます。消費者金融と違って金利が高いのが特徴ですが、いざという時は役立つところといえます。
母子家庭でもお金を借りる方法
母子家庭でもお金を借りることができますが、その方法として消費者金融でキャッシングサービスを利用することです。消費者金融では安定した収入があれば基本的に誰でもキャッシングができることになっているので、母子家庭であっても母親が働いていれば利用が可能です。その際に、雇用形態が正社員であるときは当然ですが、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトといった形態でも安定した収入があるとみなされることがありますから利用できます。ただキャッシングを利用できる額面は、収入に応じて設定されることになりますし、返済するときも収入をこえるような返済額になってしまうと生活が圧迫されて大変ですから、気を付けることが重要です。
更新履歴