知人からお金を借りる

何らかの理由でどうしてもお金が必要だけど、手元には必要な金額がなくて困ってしまった場合には、誰かからお金を借りようとする人が多いでしょう。その場合にカードローンなどの業者からではなく、身近な人から借りるという選択をする人も少なくありません。

 

単なる知人からお金を借りようとするのはかなり難しいでしょうが、ある程度近しい関係の人からなら、お金を借りられる可能性はそれなりにあるでしょう。その場合にお金を借りる相手としてまず考えられるのは友達です。親しく付き合っていて気心が知れている友達なら、自分が困っていることを真剣に訴えれば、お金が借りられる場合が少なくないと思われます。

 

また同年代の友達ではなく、自分よりも経済的に余裕がある先輩に頼むというやり方もあります。これら場合には恋愛感情が絡むと話がややこしくなりかねないので、異性ではなく同性の友達や先輩を頼る方が良いかも知れません。身近な異性なら、より関係が近いと言える恋人に頼る方が貸してもらえる可能性が高いと言えます。身近な人からお金を借りる方法としては、職場の同僚や上司から借りようとするという選択肢も考えられます。ただし、その人と単に仕事上の付き合いしかないようなら、貸してもらえる可能性は低いと思われます。