行政でお金を借りる方法とは

公的機関からお金を借りる場合として、まず考えられるのは生活福祉資金貸付制度です。これは低所得世帯などを対象とした制度であり、様々な用途に応じて貸し出す形になっています。その中にある総合支援資金は、生活再建に必要な生活費や住宅の入居費、滞納している公共料金の支払いなどに対応しており、連帯保証人がいる場合には無利子で利用できます。それぞれの自治体にある福祉事務所で相談を行って、それから手続きに入る形です。区役所や市役所などでもアナウンスがなされているため、そこでその制度を利用できることを知る人も多いです。

 

また国金、日本政策金融公庫を通じてお金を借りることもできます。行政が運営をしているところであり、お役所体質が残っている部分もありますが、低金利であることが非常に魅力的であり、金利面でかなり優遇してくれるところに目をつぶっておくことをおすすめします。また生協の中には組合員であれば利用できるローンがあり、利率も低く抑えてくれ、性質としては生活福祉資金貸付制度に似たものがあります。生活再建が1つの基準になりますが、生活を立て直すためにも積極的に利用していき、自分だけで抱え込まないようにすることが大切です。